準備中。

いよいよ10日後に迫った『Lovable』。

テスト設置をして、頭の中に描いていたものが明らかになってきました。
このままどこかのウィンドウディスプレイになるんじゃないかと思うほど、インパクトのある仕上がりになりそうです。
謎めいた道具、今にも動き出しそうなベア、キラキラ光る宝石…謎だらけですね。笑

それぞれに語ることもてんこ盛りの今回の展示。面白おかしい、たまに悲しいバックストーリーも楽しみに、ぜひ、作家の在廊日めがけていらしてください。

それから、突然決まったお知らせがひとつ。
Re’BEARの新しい試みとして、人の顔をイメージしたベアの特別受注を承ります。
今回参考に、高島さん、本山さん、そして私(tokioriの人)の顔をイメージしたベアを新たに制作していただきました。これが、結構雰囲気があって似ているんです。
プレゼントされても嬉しいし、コンセプトもおもしろい!ということで、急遽、特別に受注してくださることになりました。ひとつずつ手作りなので、少しお日にちをいただくかもしれませんが、こちらもぜひ。
ちなみに、これ、高島さんが急にひらめいて、それを「いいよ」って実現してしまったRe’BEARさん。ひらめきと職人技の賜物ですね。こういう瞬間がたまらなく好きです。(余談でした)

【在廊日】
テディベア作家 Re’BEAR: 12/2,3,9,10,16,17,23,24
Re’BEAR在廊日は、制作の様子をご覧いただけます
古道具そらしま 店主 高島浩: 12/10,12,13,17
ヘアーサロンKanade オーナー 本山聖子: 12/5,12 ※両日14:00~

tokiori企画展 二 – 『Lovable』

企画展開催のお知らせです。

【tokiori企画展 二】

『Lovable』 ー 愛してやまないものたちの理由
12月2日(土)〜24日(日)の間の火・水・土・日 11:00~18:00

今年の春、テディベア作家さんと知り合いました。
実際にスケッチしたクマからパターンを起こし、それに少しづつ手を入れながら制作しているという話を聞き、それから頭のどこかでずっと気になっていました。

しばらくして、実物を見せて頂いたら、細かいところまで行き届いた丁寧なつくりと、その完成度の高さに感動。今にも動き出しそうな、話し出しそうな、そんな雰囲気のあるテディベアでした。
つくることにとてつもない情熱と愛情を持っていることが伝わってきました。

そんなことがきっかけになって、周りにいる同じように愛してやまないものを持っているアーティストと一緒に、ひとつの世界をつくってみたいなと、今回の企画に至りました。

古道具そらしま店主の高島さん。
古いものをただ売るだけでなく、どう活かすかを提案したり、コーディネートをしてくださったり。今ではもう使わないだろうというものも、形が美しいとか、昔の作り手の思いに想像を巡らせたりしながら、コレクトしています。そんな道具に対する愛情と作り手への尊敬をもった方です。今回はひとりのアーティストとしてお迎えします。

ヘアサロンKanadeオーナーの本山さん。
イタリアのサロンで活躍されて帰国し、今年自身のサロンをオープンさせました。サロン内では、イタリアから買い付けたヴィンテージのアクセサリーやファッション小物などを販売しています。昔からアンティークのボタンやビーズが好きだったという長年の趣味が高じて、また、海外での生活を通して培った確かな審美眼で、早くも多くのファンをとりこにしています。今回は数少ない貴重なコレクションを出品していただきます。

職業も扱う素材も全く違う3人ですが、共通することは、愛してやまない何かを持っているということ。そしてそれが長くそばに置いておきたくなるもの、あるいは長く使い続けられてきたものだということ。
異色な組み合わせも、もしかしたら愛してやまない世界になるかもしれません。

それぞれ在廊していただける日があります。
テディベア作家のRe’Bearさんは期間中の土日に、tokiori内で制作していますので、ぜひ会いに来てください!

少し装いを変えて。

本日から8月末まで延長した企画展。
少し装いを変えてお待ちしています。

会期:8月18日(金)〜31日(木)までの、木曜日〜土曜日
時間:11時〜18時 (最終日は17時まで)


ころんとやわらかい雰囲気の一輪挿しの名は、なんと『新・鬼の目の涙』。とてもフォトジェニックな涙です。色は朱、オリーブ、青緑、緑、水色、青、紫、ワインの8色。


天然の木の色を活かした木のリボン。ナチュラルな風合いが魅力的です。


美しい木目の花器。樹種はオリーブです。このほかに、ナラ、チェリー、メープル、パドゥク、トチ、ウォールナットがあります。形も表情も異なる樹種をぜひ手にとってご覧ください。

展示作品はご購入いただけます。
専用の箱をご用意していますので、おくりものにも。

お披露目会終了と、企画展の延長について

4日間に渡るお披露目会&企画展が終了しました。
初めましての方、お久しぶりの方、たくさんの方とお話する機会をいただき、とても充実した4日間でした。
足を運んでくださったみなさま、本当にありがとうございました。

この期間中、tokioriで開催していた企画展ですが、お盆明けから改めて
会期を延長して展示させていただくことになりました。

会期:8月18日(金)〜31日(木)までの、木曜日〜土曜日
時間:11時〜18時 (最終日は17時まで)

ぜひ、お立ち寄りください!

かき氷!

8月5日
ふるまいかき氷をしました。

氷屋さんの氷を用意し、ハンドルをくるくるまわすタイプのかき氷機をレンタル。ふわっふわのかき氷ができました。
基本のシロップと梅シロップは自家製を。梅は一ヶ月ほど前から仕込みました。お酒屋さんにおいしいよと教えてもらったカルーア練乳や、梅酒などおとなのかき氷も好評で、今年一番暑かったんじゃないかというこの日、たくさん食べていただけてよかったです。

また来年もやりたいな。

感謝。

事務所に併設しているtokiori。
8月3日に新事務所開設のご報告と、ギャラリーのオープニング企画のお披露目をかねてレセプションを行い、いつもお世話になっている関係者の皆さまをお招きして、内覧していただきました。
たくさんのお花やおくりものをいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

事務所もtokioriも、これからじっくり育てていきたいと思います。

一『はじまり』

tokiori第一回目の企画展のお知らせです。

一 『はじまり』 
2017年8月4日(金)〜6日(日)
10時〜18時 (最終日は17時まで)

ーーーーーーーーーー
※追記(2017.8.7)
展示期間を延長いたします。
会期:8月18日(金)〜31日(木)までの、木曜日〜土曜日
時間:11時〜18時
ーーーーーーーーーー

ガラス作家 前田一郎さん
木工作家 コバヤシユウジさん
グラフィックデザイナー 相澤徳行さん
3人による合同展示です。

大地に雨が降り、木が育ち、花が咲く。
そんな『はじまり』をイメージしました。

ごつごつした樹皮に覆われた木からうまれる繊細な花器と
形を変えて、新しい生命が宿る木のリボン。
不揃いなカーブを描く自然で美しいガラスの一輪挿しは、壁に楽しい影を映します。

ご案内は6日までとなっていますが、作家さんのご好意により、延長するかもしれません。
またお知らせいたします。

ぜひ、お出かけください。

愛着のもてるテーブルを

tokioriでは、打ち合わせや、メンバーが集まって雑談したりご飯を食べたりもします。
そんなスペースに似合うテーブルを考えていました。

ちょうどフローリングを貼っていた、いつもお世話になっている家具屋さんから端材を譲っていただきDIYしてみることにしました。

ベニアの上に、完全なるインスピレーションにより、端材を並べて行きます。

裏からビスを打って、出来上がりです!

作業場からてくてくと歩いてテーブルを運びます。

アンテーィークワックスなるものを塗って完成。
隙間がたくさん空いていますが、ご愛嬌。何で埋めようかしら。

愛着のもてるテーブルになりました。

名前のないビル

株式会社ズズサウルスと、mauveが共同で事務所をつくりました。

物件を探し始めたのは2016年の夏。
長野市門前界わいをターゲットに、うろうろ歩き回りました。

2016年冬。

ようやく可能性のありそうなビルを発見。
倉庫として使われていた名前もないビルでした。

株式会社リファーレ総合計画の寺久保さんのお力添えにより、
2017年3月頃から契約が進み、2017年5月、工事がスタート。

もともと事務所使いだけではなく、多目的にいろいろ使えるスペースを作ろうという計画で、1階の入り口部分をギャラリーエリアにすることに。
自分たちで内装を考え、気に入った備品をちょっとずつ揃えていきました。
そして、このスペースを『tokiori』と名付けました。

これからここで、さまざまな展示会やイベントなどを企画し、
人が行き交い、つながるスペースとして育てていきたいと思っています。